FC2ブログ
忘れっぽいので、もはや手段。
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


07 , 01
美味しかったデザート。

ショーケースに並んでいる中でも
何だこれ?と興味をひいた一品。

水のゼリー。


黒蜜をかけてたべるんだけど、
おいしかった。
味が全くないのかなと思ったけど
なんかこう・・・味もあるし(表現が難しい


俺の撮り方じゃ下手なんで相棒にとってもらった


CAAN63QP.jpeg


右のが水のゼリー。

うまい、まじうまい。

思わずおかわりした(笑


体調悪かったもんだから食べやすいものがあってよかったよ。



今日は風邪を完璧に治すためにおとなしく家で作業でもする。



思うのは。


自分がほしくてしょうがない言葉を
自分の誘導で手に入れても
自分にも、そして相手にも足りなさを感じて
がっかりしてしまうということ。

自分で相手を導いてその言葉をもらっても
その嬉しさは僅かになってしまって。

むなしさの方が強い。


その時が幸せでも
ずっと経ってそれが自分のために
その人の意思ではないのに紡がれた言葉だとわかった時の
あの言い難い衝撃と悲しさと虚無感は

まだ俺忘れたわけではないし



だから、そういうやり方はしなくなった。
自分が嬉しくないから。
そして相手にも負担をかけるのがわかったから。


言葉だけを栄養剤のように補助するのは
案外簡単なもので、
まぁ難しい場合もあるが。
でも
相手の意思の言葉を聞くよりは
ずっと簡単なんだよなと実感する。

きっとずっとそんな言葉言われないだろうなと思って
それでも一緒にいたくて。
一緒にいて。
それが別に一方通行でも
関係ないよな、いたいんだから。
そう思い初めていた頃。

相手に唐突に掛けられた一言に
俺はらしくもなく舞い上がった。


これがいい、と思った。
スポンサーサイト
    
コメント
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可する?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。