忘れっぽいので、もはや手段。
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


04 , 22
最近めっきり恋愛の話題がないなぁ、と
クレにいったり、ブログ読んだりしてて気付いた(笑


旧時代に恋愛関係的な繋がりをもっていた人たちとは
すっかり友人だし。
新しく出会ったことも
そんなことは微塵もない(ォィ
おそらく初めからそういう対象に見られてもいないだろうな。


何が変わったんだろうなぁと考えてみたけど、
何となく自分から人を好きになってはいけない気がしているんだな。
という結論にたどり着いた。


半端な気持ちになっちまったら
きっと傷つけることが多いなと思う。
だからまた恋人とかつくるんだったら
ちゃんと大事にしてあげられる人だなと思った。

それだけの甲斐性も俺自身育てておかなくちゃいけないと思う。
今度するなら急に坂を駆け上がる恋愛じゃなくて、
ゆっくり道を歩いていくような恋愛だったらいいなとか
考えたり。


ゆっくり色んなことを学んでいけたらいいなと。


恋愛は色々リスクもともなうし、エネルギ-も使う。
だけど、その分色んなことを学べるんだよな。

正直今の俺は怠惰なので
エネルギーも使いたくないしリスクもともないたくない(ォィ
けど、逃げてても避けててもいけないよなぁと思う。



きっといつかはまた立ち向かわなくちゃいけなくなるし。



そんなことを考えて曲を聴いたり。



自分の好意は素直に言葉でその場で表すことが
俺は多い。


友人に対しても、
相手の考える天秤が俺の思う天秤とずれているな
と感じた時には
すぐ

「俺、おまえのこと好きよ?」
と伝える。


照れるこもたまにいるけど、驚くこもいる。
わかってるよという顔をするやつは殆んどいない。
だってそういうやつにはあんまし言わないから。

「自分ばっかりが好きだ」
そう思われて誤解されるのは嫌だし、
気持ちを伝えるのは重要だと思う。

けど言葉に表してどうなの?
という人もいる。
行動、日ごろのその人から伝わるものだと
いう人もいる。
当然だと思う。

人がどこで自分がどう思われているかを判断するかなんて
感じるかなんて本当にその人次第だろうから。



俺の好きになる人は大抵そういう人だ。
言葉にしない人。

今までに言われたことがある。

「言葉にすると軽くなる」
って。
「言えば言うほど軽くなる」
って。

きっとその人の中で俺の伝えたい言葉は
どんどん軽いものになっていたんだろうなと思う。
でも、恋愛対象に対しての一言は
俺にとってはその場でもっていた気持ちを
心から口にしているもので、


条件反射でも


習慣でも


んなもんじゃねぇんだよ。



言ってることは理解できても
それを認めるわけにはいかなかった。
だって、それは俺の気持ちが軽いっていう判断を
認めることになるから。

毎度毎度
その言葉は本当だと伝えても
相手はそれを撤回しなかった。
撤回しなくてもいい、
ただ

俺はそういう表し方をするんだよっていうのを
認めてほしかった。
わからなくてもいいから。
俺はその表し方でもいいよって。



そんな日はこなかったけど。




その人は俺が好きな相手なら
誰でも
何度も言葉にして表すとでも思ったのだろうか。
思ったんだろうな、そういう言い方してた。

勿論それが真実かどうかなんて
俺自身にしかわからないことだし、
想像してみないとそういう考えもでてこないだろうけど。


俺は好きで付き合った人でも
何度も言葉にして表すわけじゃない。
本当に愛しいと感じたときにしか
その言葉は口にできないから。


何度言ったんだろうな、
自分の気持ちを伝える言葉を。
何度自分の弱みを開いて見せただろうか、
傷つくことも覚悟して。

この人なら傷つけられてもいいと思った。
相手が故意じゃないのはわかるし、
俺も立ち向かわなくてはならないものに
立ち向かわなくてはいけないと思ったから。
その立ち向かっていく仲間を
その人に俺は希望した。



でも、俺が言葉にすればするほど
いつのまにか相手の天秤は俺の予想外の方向へ傾く。


「好きだと言ってくれない」
と言って不安になるこのいい分はわかる。
でも好きだと伝えているのに
いくら自分の気持ちを伝えても
天秤が上に上がっていくことが
俺には難しかった。

言葉なら簡単だ。
と一括りにしてもらいたくない。
本当に心を込めて発する言葉が
簡単か?

俺は簡単じゃない。


俺も俺で天秤が傾いていった。


相手は言葉にはしない。
それが直接の原因ではない。
俺は気持ちを伝える努力をしていた。
けど相手はどんどん俯いていく。
どうしたらいいのかわからない。
言葉だけじゃなく、思っていることを伝えようと
必死になった時期もあった。


でも、俺の気持ちは伝わらなかった。
悪い言い方をすれば軽んじられた。


俺は今まで確かに気の移ろいやすいやつだった、
気の多いやつだった。

けど、好きじゃないやつと付き合うほど
その頃は甘くもなかった。


ほれ込んでいたから
自分が絶対したくない、見せたくない弱みを見せたり。
甘えるなんてこともできた。

尊敬していたから。





でも今でも俺が惹かれるのは、
言葉にすると軽くなる
を言う人たちだったりする。









俺の友人たちは
俺がどれだけほれこんでいるかは
一発でわかるんだと。

笑顔がすっごいんだと。

相手のことを話す時の笑顔が半端なくて
切なくなるくらい楽しそうなんだと。


でも本人だけには伝わらない。
相手の前だと俺の顔はどんなんなんだろうか。

冷たい顔してんのかも。
それか、笑顔が当たり前になってるから
伝わらないのかも。
俺が普段んな顔しないってことが。


うん、後者かも。


恥ずかしいくらいの笑顔で、
にこにこして。
気持ちをその都度伝えて。


まぁ、軽く見られてもしょうがないのかも。




もう少し時間がほしかったな。
時間の長さでわかってもらえるなら
それはまた一つの方法になると思う。


伝える勉強をする時間を与えてほしかったな。






スポンサーサイト
    
コメント
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可する?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。