忘れっぽいので、もはや手段。
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


03 , 18


言葉の力、目の力、無言の力。
そして花の力。

挙げればキリがないくらいのたくさんの力があるわけで。


でもそれを貰おうと思ってたんじゃいけないなと
反省する。


そう。できれば自分で充電したい。
人にも分けられるくらいの力を自分から充電することを
維持するのは難しいけど。
それを常に心掛けてる。


心掛けも、また、力。



中心部に出掛ける度に花を買ってくる俺が言っても
説得力には欠けるかも知れないが。



花屋には出会いを求めていく。
会った瞬間、このこだとそう思えるこがいるからだ。
俺にとっては、人との出会いよりも感覚が働く瞬間だ。





先日、予防線をはってくれる人がいた。
がっかりしたら可愛そうだから、心配だから、
最悪の結果が出ても平気なように最悪の結果だろうと
予測して。
そして次の手を前向きに考えてくれる。
そんな呪文だった。


でも、俺はそれはいらないなと言った。



結果が出るまでは不安でも、
俺は努力したから、その自分を信じた方が
時間はきっと光を増すから。


それを、別の人に言ったら。
「それはいい」
と褒めてくれた。

たった一言であるけど。


俺はその人に認められたいとどこかでずっと思っていて、
でも一度としてその口から褒めるという意味の言葉だけが
出てくることはなかった。


それだけで、俺はどこか報われた気がした。


気持ちが跳ねた。









今日もまた一ついいことがあった。


また頑張らないとなと思って幸せな気持ちになった。
穏やかでいていいわけではないが、
穏やかさを感じる冬の終わり。


春が始まれば、
春の香りが俺を奮い立たす。

一番好きで、自分と合わない季節がくる。

スポンサーサイト


    
コメント
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可する?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。